読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高血圧症の治療方法

高血圧症の治療方法についてまとめています。

パニック障害と高血圧の関係について

パニック症(パニック障害)で血圧が上昇する場合があります。

 

もしくは高血圧の患者で不安が積み重さなり、パニック障害になってしまう人もおられます。

 

高血圧でパニック障害になる方は特徴があると言われています。

・神経が繊細

・悩みやすい

・傷つきやすい

・すぐ人にどう思われいるか気になる

・心が優しい方

 

他にもありますが、上記のようなこと高血圧でパニック発作を引き起こす原因となります。男性女性比で言えば、女性の方が多い傾向にあります。

 

パニック障害は通常、薬物治療がメインの治療方法ですが、

 

近年、薬の依存性なども問題視されています。。

 

薬なしの改善方法はこちらで⇒ パニック障害 克服|確実に治る治し方

降圧薬の副作用

高血圧症の治療では、薬によって血圧をコントロールする必要があると判断を下された場合に降圧剤が処方され、長期間服用を続け血圧を維持します。

 

 

 

しかし、降圧剤には副作用というものも存在します。

 

 

 

主な副作用は以下の通りです。

 

アンジオテンシンII受容体拮抗薬(ARB)…めまいや動悸など。

 

アンジオテンシン変換酵素阻害薬(ACE阻害薬)…空咳やのどの不快感など。

 

・カルシウム拮抗薬…脈が速くなる、顔がほてる、尿量が増加、足のむくみなど。

 

・利尿薬…脱水・低カリウム血症、痛風など。

 


※薬の服用開始後に副作用が現れた場合には、速やかに主治医や薬剤師の方に相談されて下さい。

 

 

 

降圧剤は、一時的に血圧を下げることができる薬ですが、薬を服用しているからといって高血圧の根本的な治療にはならないため、基本的に高血圧である限り薬は飲み続ける必要があるとされています。

広告を非表示にする

高血圧症と薬物療法

高血圧症の治療では、薬によって血圧をコントロールする必要があると判断を下された場合には降圧剤が処方されます。

 

 

 

高血圧治療ガイドラインでは第一選択薬として、以下の4種類が推奨されています。

 


アンジオテンシンII受容体拮抗薬(ARB
血管を収縮させ、血圧を上昇させる「アンジオテンシンII」の作用を抑えることで血圧を下げる作用がある薬です。

 

 


アンジオテンシン変換酵素阻害薬(ACE阻害薬)
アンジオテンシンII」の産生を抑えることで、血圧を下げる作用がある薬です。

 

 


③カルシウム拮抗薬
血圧を上げる原因となる血管の筋肉へのカルシウムの流入を抑えたり、血管を拡張させ血圧を下げる作用がある薬です。

 

 


④利尿薬
尿への塩分の排出を促し、血管壁のナトリウムを減らすことで、血管を拡張させ血圧を下げる作用がある薬です。

高血圧症と運動療法

高血圧症の治療では、薬物療法を中心に行われますが、それと当時にこれまでの生活習慣を改善する必要もあります。

 

 

 

肥満体質の人は血圧が高くなりやすかったり、喫煙、運動不足など高血圧を招きやすい生活習慣を見直し、これまでの生活を改めることでも高血圧の症状の進行を防ぐことができます。

 

 

 

高血圧症では運動療法も効果的です。

 

 

 

適度な運動習慣があると、心肺機能が上がり血液循環が良くなるからです。

 

 

 

高血圧の方にお勧めなのは、ウォーキングや軽いジョギング、水泳などの酸素を体内に取り入れながら行う有酸素運動だとされています。

 

 

 

ただし、継続しなければ効果が得られませんので、時間としては最低でも20分は続け、頻度としては週に4~5日を目標に行うといいようです。

高血圧症と食事療法

高血圧症だと診断を下され、治療が始まるとともにまず主治医から食事の指導もあります。

 

 

高血圧症の食事療法では、まず塩分の摂取量に制限がかかります。

 

 

 

これまで、塩分など何も考えずに食事をされていた方は、こんなにも塩分が含まれているのか・・・と驚かれるかもしれませんが、1日の塩分摂取量は6g以下に抑えるようにして下さい。

 

 

 

外食や添加物には驚くほどの塩分が含まれていますので、注意して下さい。

 

 

 

そして、塩分摂取量の制限とともに、一日に摂取するエネルギー量にも注意して下さい。

 

 

また、お酒が大好きという方も注意が必要です。

 

 

 

1日量の目安としては、日本酒の場合は1合程度、ビールの場合は中瓶なら1本程度、ワインの場合グラス2杯程度までとされています。

 

 

 

ただし、女性の方の場合はこの半分ぐらいが目安とされているようです。

高血圧症の症状

高血圧では、基本的に自覚するような症状がないと言われています。

 

 

 

 

しかし、もともと血圧が高めな方で近頃頻繁に不快な症状を感じるようになったという場合は、実は高血圧の症状がひそかに進行しているということが考えられます。

 

 

 

なかなか高血圧症だということを自覚することもなく、どんどん症状が進行してしまうことで重大な疾患を引き起こす危険性もあります。

 

 

 

高血圧の症状として、頭痛や耳鳴り、肩こり、しびれ、めまい、胸痛、動悸、呼吸困難、むくみなどがあげられます。

 

 

 

上記のように自覚するような症状が現れ出したら、症状はかなり進行している状態だということが考えられますので、適切な治療が必要になってきます。

 

 

 

このブログでは、高血圧症の治療方法について紹介していきたいと思います。

広告を非表示にする